FC2ブログ

造山古墳第2次発掘調査速報

調査目的

調査目的

造山古墳は、5世紀前半に築かれた全国第4位の前方後円墳 で、2005~2007年度に岡山大学考古学研究室が墳丘の測量調査を実施しました。

 一般人が立ち入ることのできる日本最大の古墳として、これまで様々な論究がされてきましたが、墳長(350mないし360m)や周濠 等の外周施設の有無などの意見が分かれ、石津丘古墳(百舌鳥陵山古墳、伝履中陵古墳)との先後関係の問題など、解決すべき課題が多く存在しています。   

そのため、岡山大学考古学研究室では、
①墳長の確認、②周濠等の有無の確認、③埴輪 等の年代を推定できる遺物の確認を目的に、史跡指定地外の発掘調査を実施することになりました。
発掘は、3か年計画で毎年3月に実施しており、今年度の発掘調査は第2次発掘調査となります。今年度の発掘区は、後円部外周(主軸から45°東側)に1区画と前方部外周主軸沿いに2区画の計3区画設置します。
tukuri_3725-tri.jpg


zzn2-trench_convert_20100224153336.jpg




スポンサーサイト

PageTop